当院案内

当院の特徴

当院では、中医学の考え方で診断及び治療法を確定していきますが、時として西洋医学で得られた情報も重要な判断基準として参考にしています。 目に見える基準がある西洋医学と、それでは説明できない症状や病に対しての診断基準を持つ中医学。両方の特性を生かした診断が出来るのも、中国では医師、中医師両方の資格を持ち実際に臨床経験を積んだ院長だからです。

標治本治の原則

中医学の見地から病を見る時、不調の箇所そのものを診るのはもちろんですが、合わせてその人を丸ごと診て不調の原因がどこからくるものなのかを見極めます。 そして見えている不調を改善すると共に(標治)根本原因をも合わせて調整(本治)していきます。そうすることにより、不調になりにくい体にしていきます。

四診八綱

中医学では「四診」という四つの診断法を用いて患者さんを診立てる判断材料とします。 四診とは望・聞・問・切の四つです。

望診 とは目で見ること

患者さんを外から診ることで、その病変を判断します。体型・体格・動作(姿勢や歩き方)・顔色・肌の色つや・目・耳・鼻・口・舌などに現れる状態を観察し、症状を推察します。なかでも、面診(顔の特定の部分に現れる面色より判断する)や舌診(舌に見られる苔や様態により症状を判断する)は特に大切です。

聞診 とは耳で聞いたり匂いを嗅いだりすること

患者さんの発する音、声や呼吸音・咳やくしゃみなどを聞いたり、体臭や口臭などを嗅ぐことによりその人の持つ病変の原因を知るのです。

問診 とは患者さんとの問答

患者さんとの問答により、現病歴や既往症、愁訴や自覚症状、家族歴などを問うものです。一見、出ている症状とは関係性のないような問いもあり、疑問を持たれる方もいらっしゃいますが、人の体はすべてつながりバランスを保って生きていると考える中医学では、様々な角度から診るために丁寧な問診を行います。

切診 とは患者さんに触れて診ること

切診には脈診・腹診などがありますがその中でも重要なのが脈診です。患者さんの手首の脈に現れる、気血水や臓腑の状態などを推し量ります。
こうして得た患者さんの体についての情報、気血水や臓腑の状態を合わせ、八つの対立した概念「表裏・寒熱・虚実・陰陽」に基づいて証を分類(八綱弁証)します。

八綱弁証

ここでいう八つの対立した概念とは?
「表裏」
身体を侵した病がどの部位(表…身体の浅い部分・裏…身体の奥の方)にあるのかをみるものです。例えば、風邪などの初期症状は表証と判断されます。外からの外邪が身体の表面から入り込み、急に発病します。しかし病である期間が短いなどが特徴です。 反対に裏証は、深い部位が疾病に侵されている状態です。最初は表証だったものが、進行して裏証になることもあります。回復に時間がかかるとされています。
「寒熱」
疾病の性質を区別するものです。風邪で言うと、ゾクゾク寒気がする、水様性の鼻水が出るといった症状がある時の風邪は寒証であり、逆に身体が熱くて熱っぽく、鼻水も粘性の高い黄色がかっている、などの症状が出る風邪は熱証であると判断します。
「虚実」
体が健康で機能が正常に働いている状態は、虚でも実でもありませんが、何らかの原因で正気が不足すれば虚証となり、反対に邪気が盛んになると実証となります。
「陰陽」
上記の六綱を総括するもので「陰-裏・寒・虚」「陽-表・熱・実」に分けられます。つまりすべての疾病は陰陽に分類することができるのです。
このように中医学の弁証法に基づいてどの証かを判断し、どの治療法が良いかを決定するのが「弁証論治」です。 天華康での施術法には「中医推拿」「中医鍼灸」「吸玉」「アロマ推拿」「アロマ吸玉」などがあり、時にはこれらを組み合わせて不調の改善を図っていきます。

例えばこんな症状の方へ

  • 頭痛 めまい 耳鳴り 難聴 高血圧 吐き気 腹痛 下痢 便秘 腹部膨満感 冷え
  • 腰痛 背痛 椎間板ヘルニア 肩こり 頸こり 変形性膝関節症 膝関節損傷 脊柱管狭窄症 分離すべり症 筋筋膜性腰痛 四十肩(腕の痛み)
  • 湿疹 アトピー性皮膚炎 ニキビ 皮ふのトラブル 痒み 原因不明の発疹
  • ダイエット しみ しわ むくみ
  • 不妊症 生理不順 生理痛 更年期障害 (病理的)閉経 機能性子宮出血(不正出血)
  • 不定愁訴 不安症 不眠症 ストレス症候群 うつ病 過敏性大腸炎 パニック障害

……など