中医外治療法について

様々な症状に対応します

一般的に、鍼灸や整体、マッサージなどの適応症は腰痛や肩こり背痛、首こり膝関節症など整形外科的な疾患が主だと思われているようです。 実はそればかりではありません。 当院では、皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎、ニキビ、原因不明の発疹や婦人科系の不妊症、病的な閉経、生理不順、更年期障害、PMSなどといった内科的疾患に対しても、その改善に高い効果を出しています。

内科的疾患に効果がある理由とは

なぜこういった内科的疾患が、外からの刺激である外治療法によって改善するのでしょうか? そもそも、上記のような不調は体の内部の臓腑がうまく働かなくなったために出てきた症状だと考えます。うまく働かなくなった臓腑は、どうにかして正常に機能させなければなりません。 そのためにどうするか? 外治療法の礎となる中医学では、人の体には体内の反応点であるツボが存在し、それを線路のように経絡が結んでいると考えています。 このツボをや経絡を推拿や鍼灸で刺激して体の内側に働きかけ、それぞれの臓腑が持つ本来の働きを正常に機能させることにより、体の中から健康で元気な本来あるべき姿にしていくのです。