ツボ。

「コラム」では中医学のことやその他のお話などをポツポツと書いていきます。どうぞお付き合いください。

まずはツボ。

当院の施術では東洋医学の考え方を基本として治療方針を決めていきますが、その施術を行う上で重要になってくるのがツボと経絡。

最近では書店でもツボの本が多く見られるようになり、だいぶ身近に感じられるようになってきたのではないでしょうか?

そもそもツボとは何か?

中国での長い臨床経験の中から見出されてきた、身体の体表にある反応点です。

このツボに刺激を与えることにより、経絡を通して臓腑及び体に働きかけて不調を解消していきます。

人の体にあるツボは経絡(正経十二脈と任脈・督脈)に属する361の経穴と、経絡上に属していない奇穴(特効穴とも呼ばれます)、名称も部位も定まっていませんが押すと効果があるとされる阿是穴などがあります。

この経穴及び奇穴の名前にはそれぞれの由来があり、解剖学からだけでなく天文学や谷や山・河川といった地理的なもの、動植物からヒントを得たものなどなどそのいわれは様々です。

例えば内くるぶしの3寸(指4本分)上った脛骨の内側にある「三陰交」はその名の通り三つの陰の経絡(脾経・肝経・腎経)が交わるところという意味です。特に女性にとっては重要なツボで、婦人科系疾患をはじめ胃腸系・下肢の不調などにも効果があるとされています。

冷えにも効果があるので、ご自身で押したり温めたりするのもおすすめです。